忍者ブログ
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

UrumaのサイトでDBアクセス用にS2Daoってのが使えるって書いてあったので普通にPreperedStatment使ってもつまらないので早速使ってみる。

使用するDBはPostgreSQL8.2

テーブルは

CREATE TABLE TRAN ( id INTEGER, tname VARCHAR(20), mstno INTEGER );
CREATE TABLE MST (mstno INTEGER, mname VARCHAR(20) );

でTRANのid、MSTのmstnoをPKに設定。

内容はこんな感じ?

TRAN
id |   tname           | mstno
 1 | TRANNAME1 |    20
 2 | TRANNAME2 |    20
 3 | TRANNAME3 |    21
 4 | TRANNAME4 |    21

MST
 mstno |  mname
        20 | MSTNAME1
        21 | MSTNAME2

とりあえずPostgreSQLのjarファイルをlibに配置しビルド・パスに通す。

SeasarのサイトのからS2Daoをダウンロード(S2Dao1.0.47)

ダウンロードしたファイルを解凍し、S2Daoのlibフォルダの中のs2-dao-1.0.47.jarと、とりあえずs2-dao-1.0.47-sources.jarをビルド・パスに通す。

それとSeasarのサイトからS2Containerを落とし、libからgeronimo-jtr_1.1_spec-1.0.jarを取得する。

これがないとClassNotFoundException javax/transaction/TransactionSynchronizationRegistryが発生してしまいました。

先ほど落としたS2Daoフォルダ内にもgeronimo-j2ee_1.4_spec-1.0.jarっていう似たものがあるけどうまくいかない。

j2eeって書いてあるからSeasar2.3以前だったらよかったのかな?

次はdiconファイル。

S2Daoのresourcesフォルダからjdbc.diconをとってくる。(Seasar2.3ではj2ee.dicon)

jdbc.diconのhsqlの部分の<component>タグをコメントアウトしpostgreSQLの<component>タグをコメントを解除しDB名とユーザ名、パスワードを指定する。

これでjdbc.diconの設定は完了。


次はDTO

TranDto.java

package s2dao.test.dto;

public class TranDto {

 public static final String TABLE = "TRAN";

 public static final int mstdto_RELNO = 0;

 private int id;

 private String tname;

 private int mstno;

 private MstDto mstdto;

 public TranDto() {
 }

 public int getId() {
  return id;
 }

 public void setId(int id) {
  this.id = id;
 }

 public String getTname() {
  return tname;
 }

 public void setTname(String tname) {
  this.tname = tname;
 }

 public int getMstno() {
  return mstno;
 }

 public void setMstno(int mstno) {
  this.mstno = mstno;
 }

 public MstDto getMstdto() {
  return mstdto;
 }

 public void setMstdto(MstDto mstdto) {
  this.mstdto = mstdto;
 }

 @Override
 public boolean equals(Object obj) {
  if( ! ( obj instanceof TranDto ) ) {
   return false;
  }
  TranDto other = (TranDto)obj;
  return this.getId() == other.getId();
 }

 @Override
 public int hashCode() {
  return this.getId();
 }

 @Override
 public String toString() {
  StringBuffer sb = new StringBuffer();
  sb.append(id).append(", ");
  sb.append(tname).append(", ");
  sb.append(mstno).append(", { ");
  sb.append(mstdto).append(" }");
  return sb.toString();
 }
}


クラス名とテーブル名が等しい場合は

public static final String TABLE = "TRAN";

が必要ないらしい。

public static final int mstdto_RELNO = 0;

は2つ以上のテーブルを使用する場合に必要になる。

今はTRANとMSTのみなので値は0だけ。

もうひとつ必要な場合は0と1を指定する。

テーブルのカラム名とDTOのカラム名が等しいとき以外は

public static final String mstdto_RELKEYS = "mstno:mstno";

を記述する。

"多側のカラム名1:1側のカラム名1,カラム名2:1側のカラム名2,・・・"

で複数記述も可

他にもあるけどあとはS2DaoのExampleをみてください。


同じようにMstDto.java

package s2dao.test.dto;

public class MstDto {

 public static final String TABLE = "MST";

 private Integer mstno;

 private String mname;

 public MstDto(){
 }

 public Integer getMstno() {
  return mstno;
 }

 public void setMstno(Integer mstno) {
  this.mstno = mstno;
 }

 public String getMname() {
  return mname;
 }

 public void setMname(String mname) {
  this.mname = mname;
 }

 @Override
 public boolean equals(Object obj) {
  if( ! ( obj instanceof MstDto ) ) {
   return false;
  }
  MstDto other = (MstDto)obj;
  return this.getMstno() ==  other.getMstno();
 }

 @Override
 public int hashCode() {
  return (int)mstno;
 }

 @Override
 public String toString() {
  StringBuffer sb = new StringBuffer();
  sb.append(mstno).append(". ");
  sb.append(mname);
  return sb.toString();
 }
}


次にDaoを・・・。

これはインターフェースになります。

package s2dao.test.dao;

import java.util.List;

import s2dao.test.dto.TranDto;

public interface TableDao {

 public static final Class BEAN = TranDto.class;

 public static final String getAllColumn_SQL_FILE = "s2dao/test/sql/TableDao_getAllColumn.sql";

 public List<TranDto> getAllColumn();
}


メソッド名_SQL_FILEでDaoと別の位置に配置したSQLファイルとは別に配置できる。

S2DaoのExampleにはpublic List getAllColumn();で値が取得できていたけどうまくいかない。

散々悩んだ挙句List<TranDto>にしたらうまくいった。

Listだけでうまくいくのかなぁ?


さて次はSQLファイルの作成。

これはresourceに配置します。

命名規則はDao名_メソッド名.sqlになってます。

TableDao_getAllColumn.sql

SELECT TRAN.*, MST.mname AS mname_0 FROM TRAN, MST WHERE TRAN.mstno = MST.mstno


MST.mname AS mname_0の_0はTranDto.javaのRELNOの値を指定します。


次はDaoを登録するためのdiconファイルの設定をします。

mysql.dicon

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE components PUBLIC "-//SEASAR//DTD S2Container//EN"
"http://www.seasar.org/dtd/components.dtd">

<components>
 <include path="dao.dicon"/>
 <component class="s2dao.test.dao.TableDao">
  <aspect>dao.interceptor</aspect>
 </component>
</components>


最後に起動用のJava

SqlStater.java

package s2dao.test.stat;

import java.util.List;

import org.seasar.framework.container.S2Container;
import org.seasar.framework.container.factory.S2ContainerFactory;

import s2dao.test.dao.TableDao;
import s2dao.test.dto.TranDto;

public class SqlStater {

 private static final String PATH = "mysql.dicon";

 public static void main(String[] args) {
  S2Container container = S2ContainerFactory.create(PATH);
  container.init();

  try {
   TableDao dao = (TableDao)container.getComponent(TableDao.class);

   List<TranDto> tableDtoList = dao.getAllColumn();

   for( int i = 0; i < tableDtoList.size(); ++i ) {
    System.out.println(tableDtoList.get(i));
   }
  } finally {
   container.destroy();
  }
 }
}


これで実行すれば

1, TRANNAME1, 20, { 20. MSTNAME1 }
2, TRANNAME2, 20, { 20. MSTNAME1 }
3, TRANNAME3, 21, { 21. MSTNAME2 }
4, TRANNAME4, 21, { 21. MSTNAME2 }

な結果が返ってくるはず!!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃